ヒアルロン酸でぷるもちボディーを目指そう

美容医療で活躍

しわやたるみを改善します

注射と薬

顔に現れてしまったしわやたるみは、通常のスキンケアでは改善が難しい場合があります。特に年齢と共に現れるほうれい線や眼の下のたるみは、簡単な保湿では効果がないことも多いのです。そのような場合には、現在美容外科で行なわれているヒアルロン酸を使用した治療が役立ちます。 こういった治療法では、ヒアルロン酸をほうれい線やたるみの部分に直接注入し、肌内部の組織の水分保持力を高めます。ヒアルロン酸に満たされた肌は通常の状態よりも水分を溜めこみやすくなるため、肌内部からしわやたるみを改善することが出来るのです。最近では極細の針を用いるなどの工夫を取り入れて、ヒアルロン酸注入時の痛みを軽減している美容外科が増えています。

副作用がないため人気です

ヒアルロン酸はコラーゲンと同様に、体に元から備わっている成分です。ヒアルロン酸は眼球などにも含まれる成分で、眼薬にもこの成分が使用されています。従って、適量を肌内部に注入した場合にも通常は副作用を起こすことが無いのです。他の薬剤の場合には、まれにアレルギー症状などを起こすことがあります。ですが、ヒアルロン酸の場合にはそういった心配も少ないのです。 最近では美容医療を巡る様々なトラブルが話題になっています。そのため施術を受ける側も美容外科での治療には慎重になる傾向がある訳です。ヒアルロン酸での治療はは副作用の心配が無いことから、安心して治療が受けられる点が特に人気を得ています。注入量で料金が決まるため、費用もコントロールしやすいのです。